いつも富士ゼロックスJ-Starsに熱いご声援を頂き誠に有難うございます。
おかげ様で、昨年チームは創部30周年の記念すべき節目を迎える事が出来ました。
これもひとえに、応援して頂く多くのファンや関係各位のご支援のおかげと、本当に感謝しております。

その節目の年に、X1のステージに挑戦する権利を与えられ、シーズン通してチャレンジ精神を持ち、チーム一丸で取り組みましたが、結果としては今シーズンもX2からのスタートなってしまいました。
ファン皆様には期待に応えられず、申し訳ありません。

しかしながら昨シーズン、結果は非常に悔しいシーズンではありましたが、X1のリーグでシーズン通して戦った事は、チームにとって非常に大きなインパクトになったと感じています。X1で戦う事、そして戦い抜く事に対しては、まだまだ組織の抜本的な改革が必要であると痛感しました。さらには、選手一人ひとりの覚悟、更には取り組みもまだまだ改革が必要です。

目標であるXリーグへ向け、2015年に味わった悔しい想いを決して忘れることなく、今シーズンは『変化』をKEY WORDに、組織の改革を進めていき、より一層強いチームへ、そして、応援して下さるファンの皆様により感動と感激を与えられるチームとなるべく取り組んで参ります。
2016年シーズンも、富士ゼロックスJ‐Starsへのより一層のご声援をよろしくお願い致します。

2016年3月7日
富士ゼロックスJ-Stars
ヘッドコーチ  沼野 真英
Masahide_Numano